こんにちは岩崎です。

みなさん、パーマをすると、あんなにフワフワのウェーブだったのに、日が経つとパーマが伸びるのはなぜ?

って経験ありますよね!!

パーマが髪の中にある間充物質に作用して、結合に変化を起こす….というのは、難しい話で。

ようはどれだけ髪の中が変わっても、盲点は表面のキューティクルなんです。

キューティクルも曲線を描いて変化するわけではないんです。では、髪がカールしている部分のキューティクルの状態、

どうなっているのかというと、キューティクルがうろこみたいに重なっているのはご存知ですよね?

パーマで髪にウェーブをつけると、これに沿ってカールの外側は浮き上がり、内側は圧迫され、

押しつぶされたような状態になっているんです。でも髪は伸びていきます。

この成長に合わせて、キューティクルもまっすぐになろうとがんばります。

特にシャンプーで髪が濡れると水素結合が切れて、内側の間充物質の力により、外側の外側のキューティクルのほうが

力は勝ってしまいます。これを毎日繰り返すので、だんだんとパーマは伸びていってしまうんですね!!

 

STELLAR 岩崎