こんにちは(^_^)/~岩崎です!!

今回はSTELLARでしています前処理について簡単にお話したいと思います!!

今までみなさん‘パーマ液をつける前に、トリートメントをつけますねって、前にパーマした時はしたかな?’なんて事ありませんでしたか??

痛んでる髪は、キューティクルの内側にある間充物質が髪から流れでてしまい、スカスカと穴が開いた状態になっています。

こんな穴のある髪を、ポーラスヘアといいます。ポーラスヘアは弾力がなく、この状態で髪全体に同じようにパーマをすると、

毛先と根元ではかかりにムラができてしまいます。カラーについても同様です。

そこで、ポーラスヘアの穴の部分にトリートメントでタンパク質を補い、一時的に穴をふさいであげましょう。

例えば満員電車だとなかなかホームに降りられないけど、空いてる電車からスムーズに出ていけますよね?

パーマやカラー剤が簡単に出て行かないように、髪を満員の状態にする必要があるってことです!!

もちろん、せっかくふさいでも水で流れてしまえば意味がないので、特に痛んでい毛先を中心に油性のトリートメントで包んであげることもポイント。

すると、皮膜効果でキューティクルを保護するクッションの役目もかねて、薬剤に負けない状態へ髪をリセットしてあげることができます。

少し専門的なお話を付け加えると、タンパク質には大小さまざまな大きさがあります。

同じく、髪のダメージ(穴の大きさ)もさまざまです。

小さな穴に大きなタンパク質を補ってもふさげない……これを見きわめて補給するのもプロの技。

美容室でしかできない施術前のトリートメント、見直してもらえたかな??

 

STELLAR 岩崎