こんにちは岩崎です。今回の議題はどうして白髪になるの?でござります(*^_^*)

自分ではきずかなかったのに、友達に白髪を見つけられて、ちょっとショック…なんて事ありませんでしたかm(__)m

実はね、髪はメラニン色素によって色ができます。白くなるのはこのメラニン色素が含まれていないから。

メラニン色素を生み出す細胞や酵素が働かなくなると、白髪が生まれるんですね。

原因は加齢や遺伝、ストレス、病気、生活環境などさまざまで、実はまだよくわかっていません。

一般的に白髪は、男性で34歳から、女性で35歳から出はじめるそうです。

血行障害などで毛根に栄養が行かなくなると、メラニン色素をつくれなくなり、部分的に白髪が集中することも。

じゃあ、一度白髪になると2度と黒くならないの?というとそうでもありません。

加齢など自然な白髪でない場合は、ビタミンA、ミネラルなどの栄養をきちんととって、ストレスをなくすことで黒髪に戻る場合もあるんです。

そういえば!白髪を抜くと増える、なんていわれることが多いですよね?実際にそんなことはありません。

出はじめた白髪を抜いてしまうので、なんとなく目立つと感じるのでしょう。

それよりも無理に抜くことで、毛根に負担をかけることが心配です。そっと根元からきってあげて下さい。

白髪は出はじめる時期も、その量も場所も個人差があります。

年齢ではなく、経験を重ねたひとつの証かもしれませんね(*^_^*)

STELLAR 岩崎