1年の間で昼が最も短く、夜が最も長くなる日である「冬至(とうじ)」。

今年2014年の冬至は12月22日であり、
今回の冬至は「山羊座の新月(2014年12月22日10時36分)」と同じ日に重なっています。

2014年12月22日に重なる冬至と新月。これは単なる偶然の組み合わせではなく、
19年に1度訪れる「朔旦冬至(さくたんとうじ)」という特別な日になります。

朔旦冬至

 

 

 

 

 

 

 

 

▶ 朔旦冬至(さくたんとうじ)
陰暦11月朔日 (1日) が冬至にあたること。この日は、非常にめでたいとされ、朝廷では、宴を催し、
公卿たちから賀表が奉られた。また恩赦を行い、田租を免じ、あるいは叙位を行うこともあった。

 

今日は凄いだった…。

 

STELLAR 岩崎